Concept
コンセプト
Concept

大型シーリングファン熱中症対策や節電にも効果を発揮します

工場や倉庫の空調環境の改善におすすめなのが、超大型のHVLS(大風量低速回転)ファンを使った扇風機『エミアスファン』です。熱中症対策と光熱費削減を同時にクリアする商品として自信を持ってご紹介しておりますので、是非導入をご検討下さい。

大型シーリングファン(扇風機)で大規模施設の様々な環境問題を解決しています

LOGIAS JAPANロジアスジャパン)は、物流倉庫工場等の大空間の現場環境を快適に整えることができる超大型の産業用シーリングファン(扇風機)『エミアスファン』を全国に製造・販売しております。物流倉庫熱中症の対策が必要とされながらも、天井の高さやコスト等様々な理由により空調機の導入が難しいとお悩みの企業も多い場所の一つです。

エミアスファン』は梁の高さが5.5m以上の場所であればどんな構造でも設置可能で、空間内に心地よい空気の流れを生み出し体感温度を下げることができますので、空調機器の導入でお悩みでしたら、まずは気軽にお問い合わせ下さい。

超大型の産業用シーリングファン(扇風機)で熱中症対策をお手伝いします

環境商品の取り扱いを行うLOGIAS JAPANロジアスジャパン)は、超大型シーリングファンエミアスファン』の製造・販売を通して企業や学校、公共機関等の熱中症対策のサポートを行っております。『エミアスファン』は、天井が高くスペースも広い工場や倉庫、体育館等の空調設備の設置や使用が難しい場所でも、梁が5.5m以上の高さであればボルトと4本のワイヤーで取り付けることが可能です。工場内での体感温度を最大-8℃下げることが可能なため、熱中症に対する有効手段として、注目されている環境製品です。

エミアスファンの設置や導入をお考えでしたら無料でお見積もりいたしますので、是非気軽にお問い合せ下さい。

超大型の大風量低速回転ファンに省エネ対策もお任せ下さい

超大型の産業用シーリングファン(扇風機)『エミアスファン』の最も大きなモデルは直径が7.3mあり、ファン一台で1,500㎡もの空間に空気を送り込むことができます。流体力学を応用した大型のファンを低速回転させることで、冷房の温度を2〜3度上げても体感温度を5度以上下げることが可能な上、消費電力は100~1700Wで、夏場にフル稼働させたとしても、必要な電気代は家庭用ドライヤーと同じ程度です。

省エネ対策と熱中症対策を同時に可能とする費用対効果の高い超大型シーリングファン(扇風機)の導入に興味がございましたら、是非LOGIAS JAPANロジアスジャパン)にご相談下さい。

環境商品を取り扱っているLOGIAS JAPANロジアスジャパン)は、優れた性能と費用対効果の高い大型扇風機『エミアスファン』を全国の物流倉庫工場、体育館等におすすめしております。『エミアスファン』は、大風量低速回転の羽を天井に取り付けることで、一台で空間内に快適な空気の流れを生み出し、作業現場を夏場も冬場も快適に整えることができる扇風機です。

熱中症対策や省エネルギー対策だけでなく、空間スペースの有効活用等様々な効果が期待できますので、設置や導入に興味がございましたら是非ご相談下さい。

お気軽にお電話でご連絡ください

03-6638-6770

03-6638-6770

営業時間:9:00~18:00

東京都

Access

LOGIAS JAPANは大型の産業用シーリングファン(扇風機)を全国に展開しています

物流センターや工場内を快適な作業環境へと改善する大型産業用HVLSファン(大風量低速回転扇風機)・エミアスファンは、LOGIAS JAPANが製造・販売していますので、興味のある方はぜひ一度、ご連絡ください。
アクセス
会社名 株式会社ロジアスジャパン
住所 〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-8-2
鉄鋼ビルディング4F(Head office)
電話番号 03-6638-6770(Sales office)
営業時間 9:00~18:00
定休日 土曜日、日曜日、祝日